星々のうた

占星術師未來のよしなしごと

🌙 2023年。新しい年を迎えても、まだまだ混沌とした状況は続くでしょう。

2020年末にグレートミューテーションを迎え、風の時代へと突入したわけですが、実は私としては今はまだ、「移行期・転換期」の真っ最中にいるのだろうなと思っています。

🌙 月が満ちれば心が満ちます。

それは幼い時のあなたです。

🌙 あなたのホロスコープチャートが奇跡の結晶であると言うのは何故なのか

あなたは星。 星はあなた。 ホロスコープチャートはあなた自身の姿。

🦋 例え世界がどんなに狂っていても、自分にとっての真実が共にあれば恐れるものは何も無いのだと思う。

星々が伝える言葉によれば、人類の正念場は2025〜2026年にかけてだ。

🦋 この世界は捻れに捻じれた時空がタッチアンドゴーを繰り返しているようなものだ。

ここ数日、また、「地球にいない」感がすごい。

🌙 なんとなく人生がつまらないなあと感じる時はさ、ネイタルの水星が退屈してる可能性があるよ。

グッドラック😙

🌙 私が見つめるこの星の光と、彼の見つめていたあの星の光は、きっと「今ここ」で繋がっているのだと思います。

🌙 天の海に雲の波立ち、月の舟、星の林に漕ぎ隠る見ゆ

🦋 気が済むまで泣いていいよ。

この世界は悲しいことで溢れているけれど、

🦋 私は占星術師ですが、実はタロットカードも併用してます。

どこへ旅するにも一緒だった頼もしい相棒。

🌙 あなたは星。 星はあなた。

星のままに、星のままに。

🦋 甘美な毒

奈落の底まで付き合わされることになる

🦋 秘密は火(霊)が充ちているのである。

それは優雅にして幽玄。

🦋「私は地球から来ました」

9日間の旅から帰ってきた。 どこの土地を訪れても「おかえり」と言って人々に迎えてもらうのは、本当に嬉しいことだなあと思う。 今回の旅では新しい出会いもいくつかあって、 「どこから来たの?」と聞かれることも多かった。 私はどこから来たんだろう? …

💙 23-Sep-2022 : 秋のツアー最終日は芦屋

星のことを語っている時がやっぱりとても幸せ✨

🌙 秋分おめでとうございます!2022

占星術にとって四季の二至二分はとての大事なチューニングポイントとなります。

🦋 マクロな宇宙のどこかに存在する「美の根源」とリンクして、共鳴をしている

ああ、なんだか宝石箱みたいだなあ・・・

💙 21-Sep-2022:金星の惑星魔法を語る会 in 湘南

海の上に浮いているかのような私の隠れ家で、皆んなととめどないおしゃべりを時間も忘れて楽しみました。

🦋 つまらないことで拗ねちゃったなら、素直に「ごめんね」と相手に伝えるんだ。

優しい愛の中を歩こう。

🦋 二つの手に抱えたものはできるだけ手放すこと。

でも、何でもかんでも手放せば良いってわけじゃない。

🦋 そこに愛があるのなら、

寄り添い合って生きていこう。

🦋 「誰も傷つけたくない」という言葉は、自分が傷つきたくないがための言い訳に過ぎない。

時には「切り捨てること」が相手にとって優しさのこともある。

🦋 人が寂しいと思うのは、それは愛を知っているからだ。

星同士が意味のある角度を取るように、私たちの心もお互いに角度をとっている。

🦋 この世界は文字と数によって創造された系の何かが伝わってくる何かだよ。

観てこれ。

🐉 【龍声の御守り】秋分開門

秋分の門を開き、秋分太陽のエネルギーそのものとの同化を助ける龍声の御守りがこの度誕生しました。

🌙 「他者に気持ちを振り回されてしまう」という経験

それはいずれにしても、「相手のことが気になっているから」起こること。

🦋 私のコアはきっとこの秘密の名前の中にあるのだと思う。

名前には力がある。 だからこそ、古の人たちは本名を明かさず異名で通したのであろうな。

🦋 人は誰もが、心に穴を開けたまま生まれて来た。

埋まらぬ虚無感。 拭えぬ孤独感。

🦋 自分をさらけ出すことのできる相手がいるというのは、どこまでも幸運なこと。

信頼できる人がいるというのは、本当に素晴らしいこと。

🌙 9月10日:満月@魚座のメッセージ

「傷ついた心身魂を癒す」 と言う暗示の今回の満月。

🌙 他の人は簡単に出来るのに、自分にはどうしても出来ない難しいこと

土星のもたらすこれらの苦手意識やコンプレックスは、「克服すること」を前提としてセッティングされている